カンジタについての最新インフォメーション

カンジタ菌はなぜ増殖するの?

カンジタという病気は、外部からカンジタ菌に感染することで発症するものとばかり思っていました。しかし実際だと、カンジタ菌は体内に常に存在していて、それが増殖して一定数以上を上回った時に、カンジタが発症するそうですね。ではなぜ、カンジタ菌は増殖することができるのでしょうか? 調べたところによると、どうも免疫低下が主な原因みたいです。平常時だと、免疫によって一定数で留められているみたいですが、体調不良や疲労などで免疫が低下している時だと、普段カンジタ菌の増殖を抑えているデーデルライン桿菌という膣内の乳酸菌が減少してしまうため、カンジタ菌は一気に増殖してカンジタを発症させるのだとか。 となると、カンジタを予防するには、免疫を低下させないよう体調に気を付けるのが一番ですね。また、膣内を酸性に保つ菌の含まれたヨーグルトを食べるのも、予防には効果的とあったので、後でそのヨーグルトについても調べてみようと思います。

カンジタの自然治癒を早める方法

この前、数年振りに結構な風邪をひいてしまいました。39度とか熱出たの、多分小学生の時以来だと思います。しかも、身体の免疫が大分落ちていたのか、カンジタまで発症してしまったんです。熱に加えて、あの痛痒さは本当に辛かったですね。 風邪の方は3日くらいで良くなったのですが、カンジタの方はしつこかったですね。治るまで1週間以上かかりました。免疫が落ちていたから仕方ないのかなと思いきや…実は、その状態でも自然治癒を早める方法があるとのこと。それは、アシドフィルス菌を外部から補充すること。 このアシドフィルス菌とは、体内にも存在する乳酸菌で、膣内の酸性を保つことでカンジタ菌などの増殖を抑えてくれるそうなんです。つまり、免疫が落ちてこの体内のアシドフィルス菌が減っていても、外部から補充すれば自然治癒を早めることができるんですね。アシドフィルス菌はヨーグルトから摂取できるとのことだったので、後で早速調べてみます。

なぜ女性の方がカンジタの症状は辛いの?

カンジタは男女共にかかる病気ですが、症状は圧倒的に女性の方が辛いみたいですね。男性だと、亀頭部分がちょっと痛痒くなるくらいで済むそうですが、女性だと、性器全体が赤く爛れて熱を持って、ひどいとちょっと動くだけでも摩擦でものすごく痛痒いそうです。私はそこまでひどくはなかったのですが、あの痛みと痒さは二度と味わいたくないですね。 それにしても、なぜ同じ病気なのに、ここまで男女で症状の辛さに差が出るのでしょうか?大きな原因は、性器の形状の違いにあるそうです。男性器は外部に全てぶらさがっていますけど、女性器は全て内部に隠れていますよね。そのため、男性器と違って女性器には常に湿気がたくさん存在するため、カンジタ菌が増殖する温床となりやすいのだとか。 生まれながらの身体の構造の違いですから、こればかりは仕方ないですね。また、同じ理由で女性の方がカンジタの発症率は高いとのことなので、私もまた繰り返さないよう気を付けるようにします。

カンジタ菌が増殖する詳しい原因

カンジタは、免疫が低下することで、カンジタ菌が性器内部で増殖して発症する、とよく説明されていますけど、これってなんか分かるようで分からないんですよね。カンジタ菌が増殖する原因が免疫低下って言われても、勿論それが間違いではないと思うのですが、どうも個人的にはイメージしづらくて。 そこで、カンジタ菌が増殖する詳しい原因を調べてみました。まぁ正確には原因というよりも、免疫低下からカンジタ菌増殖までの過程を、ですね。参考した医療系ホームページによると、免疫が低下することで、性器内を酸性に保つ乳酸菌であるデーデルライン桿菌が減少し、性器内が酸性から、カンジタ菌が増殖する格好の環境であるアルカリ性に変化するため、カンジタを発症するまでカンジタ菌が増殖してしまうとのことでした。 免疫低下からカンジタ発症までは、こんなに細かい過程があったんですね。それでも、免疫低下がカンジタ発症の発端であることは変わらないので、これからも引き続き大量管理には気を付けて行きたいです。

性交渉でカンジタはうつるか?

カンジタになるとすれば、自家感染が主だそうですね。カンジタ菌って外部から感染するイメージでしたけど、実際は常に人の体内に存在する菌みたいですから。ただ、カンジタを発症する全ての場合が自家感染ということではなく、性交渉で感染する場合も、自家感染よりも大分少ないですがあるそうです。 性交渉によって感染するパターンは2つ。1つは、女性から男性にうつすパターン。女性の膣内でカンジタ菌が増殖していた場合、そこに陰茎を挿入することでカンジタ菌をもらってしまい、カンジタ性亀頭炎を発症する場合があるそうです。 もう1つは、男性から女性にうつすパターン。これは前者のパターンよりも更に少ないそうですが、男性がカンジタ性亀頭炎などで性器上にカンジタ菌を保有していて、女性器内でカンジタ菌の増殖を抑える乳酸菌であるデーデルライン桿菌が免疫低下などで減少していた場合、同じく挿入によってカンジタ菌をもらって発症に至ってしまうとのことでした。

もっと詳しくカンジタについて知りたい方は、カンジタWEBガイドを参照してください。