カンジタWEBガイド

カンジダの原因・感染経路

カンジタ菌は常在菌ですが、必ず全ての人が持っている菌だという意味ではありません。

普通であれば保持していても問題のない菌を指して常在菌と言いますから、カンジタ菌にも感染経路はあります。

母子感染やタオルなどを介した感染もありますから厳密に感染経路を特定するのは難しいですが、もっとも感染しやすいのはやはり性行為中ということになります。

口の中や膣内には誰がカンジタ菌を持っていてもおかしくありませんから、オーラルセックスでも十分に感染する可能性はあります。

性行為により感染することが多いので性病と間違われやすいのですが、カンジタは決して性病ではありません。

カンジタの発症という点で見れば、例えばコンドームを着用せずに性行為を行ったとき、ペニスに大量のカンジタ菌が付着、微細な傷がカンジタ菌の根付く隙となり、洗浄を怠るなどが原因でカンジタ性亀頭包皮炎にかかることがあります。

カンジタ菌に感染しただけでは、本来ならば男女ともに問題はありません。

しかし菌が繁殖しやすい湿った環境だったとか、たまたま免疫力が下がっていた、また抗生物質を使用し常在菌のバランスが崩れたなどという要因が重なりカンジタ症の発症へと至ります。

カンジダは女性と男性で治療方法が異なります
カンジダでお悩みの方