カンジタWEBガイド

カンジダ皮膚炎(皮膚カンジダ)

皮膚カンジタ症(カンジタ皮膚炎)のように、性器や口の中のような粘膜以外のところでも、カンジタ菌が暴れることがあります。

やはり抵抗力の低下などが発症の引き金になることが多く、適切な治療を行えば決して治りにくいものではありません。

股間や脇の下など皮膚同士が擦りあわされやすいタイプであれば「カンジタ間擦疹」、指の股の部分に症状が出るものを「指間カンジタ症」、爪ならば「カンジタ性爪炎」という風に名称が変わりますが、総称して皮膚カンジタ症、もしくはカンジタ皮膚炎と呼びます。

健常者であっても、不十分な汗の処理や不潔、などが原因でカンジタ菌が繁殖しやすい環境が作られれば、十分に発症する可能性はあります。

乳幼児のおむつかぶれや高齢者の床ずれと同じように、カンジタ菌のような真菌の繁殖に関するケアにも気を配りたいところです。

皮膚がふやけたようになり痒みを生じる、赤班に小さな膿の溜まったできものが生じる、などの症状はありますが、汗疹や湿疹との区別は自己診断では難しいので、できるだけ早く病院に行って診察を受け、適切なお薬をもらうと良いでしょう。

カンジダは女性と男性で治療方法が異なります
カンジダでお悩みの方