カンジタWEBガイド

治らない人・完治しない人へ

お薬を使って治療しているにも関わらず症状がよくならないという方は、日常生活においてカンジタ症と相性の悪い行動をしているのかもしれません。

例えば、患部を必要以上に念入りに洗ってしまう。

女性であればトイレに行くたびにビデ洗浄をするせいで、膣内のお薬が流され、効果が弱まることがあります。

もしくは患部をどうしても掻いてしまう。寝ているときに無意識に掻いてしまう人もいるそうです。

お薬は効いているようだけど、少ししたらまた痒みが出てきてしまうという方はどうでしょうか。

カンジタが完治しないというのは再発を繰り返してしまうということだと思いますが、この場合、痒みが治まったからと言って薬の使用を止めてしまっていたり、慢性的に体が弱っていたりということが考えられます。

女性の場合、膣内のPHバランスが崩れやすい傾向にあるのかもしれません。それならば症状に対する治療と併せて、膣内環境を整えるような根本的な改善が必要かもしれません。

カンジダは女性と男性で治療方法が異なります
カンジダでお悩みの方