カンジタWEBガイド

口腔内カンジダ

カンジタ菌は口の中にも普通に存在する常在菌です。

普通は様々な菌と勢力が拮抗していますから口の中にいても悪さをしませんが、何らかのきっかけでカンジタ菌が繁殖し暴走することは、性器に発症するカンジタと同じです。

しかし、多くの場合は悪性腫瘍、HIV、糖尿病などと併発するのが普通で、健常人がこの口腔内カンジタにかかることは稀です。

病気以外では、幼児や老人など抵抗力の低下が原因となる方で発症することが多くなります。

また、オーラルセックスなどで口腔内のカンジタ菌がパートナーの性器に付着し、性器カンジタを引き起こしてしまうことも多いので、繰り返す膣カンジタ症・カンジタ性亀頭包皮炎の原因となることもあります。

いくつかの病型がありますが、代表的な症状は、口腔内に白い苔状のものが散見し、拭うと剥がれますがその面は赤く、刺激に弱くなります。また、摂食時には痛みを伴います。

口腔内カンジタも悪化し食道や呼吸器にまで症状が及ぶことはありますが、初期であれば適切な治療を行うことで比較的容易に症状を改善することができます。

カンジダは女性と男性で治療方法が異なります
カンジダでお悩みの方