カンジタWEBガイド

カンジダの男女別症状

カンジタは性器で発症することが非常に多いです。

一般的に男性より女性の方が性器カンジタはかかりやすいと言われていますが、それは女性の性器の方が、菌が繁殖しやすい環境にあるからです。

男性の場合、性器が外に出ていますから、基本的には風通しがよく乾燥しており、カビの一種であるカンジタ菌が必要以上に繁殖することはあまりありません。

女性の場合、膣内では様々な菌が活動し、正常な環境を保つ仕組みになっていますが、一度バランスが崩れると、特定の菌が繁殖するには好都合な環境となってしまいます。

男女の性器カンジタの症状のもっとも大きな違いは、発症する部位の広さです。

女性の場合、外陰部に痒みが広がることが多いですが、膣の中の広範に渡って炎症が起きることもあります。時には腸にまで達することさえあります。

一方男性の場合は亀頭部分に症状が集中するのが一般的で、患部が広がったとしても股間付近ですから、比較的診断も処置もしやすいと言えます。

同じカンジタ菌による炎症でも、男女では女性の方が重症化するケースが多く、また内部に入り込んでいるケースも多いため、治療にも負担がかかることが多いと言えます。

カンジダは女性と男性で治療方法が異なります
カンジダでお悩みの方