カンジタWEBガイド

膣カンジダ

膣カンジタ症は膣内にいるカンジタ菌が必要以上に繁殖してしまうことが原因で発症する炎症です。

原因としてはビデ洗浄などによる膣の洗いすぎや、抗生物質の使用による細菌バランスの崩壊が挙げられます。

症状は外陰部の灼熱感を伴う赤みと痒みが基本ですが、膣内部に炎症が広がり悪化してしまうとお腹の痛みや排尿時の痛みを引き起こすこともあり非常に不快です。

またオリモノの異常も代表的な膣カンジタ症の症状で、痒みや痛みだけではない不快な症状も見られます。

膣は本来優れた自浄作用を持ち、多くの菌をうまくコントロールして自ら環境を整えていますが、ちょっとしたことでバランスを崩してしまうこともある非常にデリケートなところです。

お薬を使えば膣カンジタ症は治りますが、本来は自分の力で制御できる菌の暴走が原因ですから、規則正しい生活を送り、上手にストレスを解消し、健康な体を作ることが大切です。

カンジダは女性と男性で治療方法が異なります
カンジダでお悩みの方